当社は、橋梁や埋設構造物などのライフライン施設や港湾施設などの重要社会基盤施設を地震から守るために、震源断層を考慮した対象地点の地震動作成から、土木構造物の応答や津波の解析までを含めた各種の地震対策問題に対し、一貫した耐震検討を、自社開発の最新の耐震解析ソフトウェアを用いて行っています。
この一貫した耐震検討が、当社の最大の特長となっています。

主な業務内容

タイトル
▷ 構造物に対する耐震解析および耐震診断
▷ 既設構造物に対する耐震向上策の提案
▷ 耐震解析ソフトウェアの開発
▷ 構造物の維持管理における解析業務

 

※なお、大学発ベンチャーという当社の特性から、市販されている通常の耐震解析ソフトを使った動的解析や耐震設計のような実業務は行っていません。

構造解析の受託

道路橋・鉄道橋や埋設構造物に対して、作成した入力地震動と自社開発の耐震解析ソフトウェアを用いて、耐震解析および耐震診断を行います。

橋梁の耐震解析・耐震診断

当社は、自社開発の解析ソフトウェアSeanFEM等を用いて、受託解析を行っています。
これまで、有名な長大橋や数多くの特殊橋梁に対して、耐震解析を実施してきました。その中には、鋼橋だけでなく大型のRCアーチ橋も含まれます。

応力コンター図の表示(変形表示倍率×10)
タイトル
タイトル

また、耐震以外に、維持管理を合理的に行うための解析業務も受注しています。
解析の種類としては、構造系が変化しながら橋全体系の崩壊まで評価できる静的弾塑性有限変位解析になります。

解析実例
タイトル
  港大橋(大阪)
タイトル
  天保山大橋(大阪)
タイトル
  東神戸大橋(兵庫)

橋梁の被害シミュレーション

対象橋梁に対して、作成した入力地震動を用いて、独自に研究開発した解析ソフトウェアで耐震解析を行います。被害予想をわかり易くするために、アニメーションも作成します。

【対象橋梁】
タイトル
タイトル
 

【想定した横ずれ断層】

タイトル
タイトル

【横ずれ断層により桁が移動】

タイトル

タイトル

「緊急輸送道路の橋梁耐震補強3ヵ年プログラム」(国土交通省)等で検討対象となりながら耐震補強の実績がほとんどなく、まだ研究レベルの部分がある特殊橋梁(アーチ橋やトラス橋等)についても、耐震検討および技術指導を行います。

埋設構造物の耐震解析

地中パイプラインに対して、作成した入力地震動と自社開発の耐震解析ソフトウェアを用いて耐震解析および耐震診断を行います。

タイトル
タイトル
対象パイプラインに対して、地盤の永久変位を想定した従来の静的解析値と動的非線形解析による応答値の比較を行い、地表断層を横断するパイプラインの応答挙動を調べます。また、被害予想をわかり易くするために、アニメーションも作成します。

その他の受託業務