SeanFEM

耐震解析ソフトウェアSeanFEMは、鋼橋およびコンクリート橋に対して、材料非線形性と幾何学的非線形性を同時に考慮した複合非線形FEM解析(Pushover解析、地震応答解析等)が行えるFEMの解析ソフトウェアです。
当社は、最新の研究成果を基に、耐震解析ソフトウェア SeanFEM の開発を進めています。
SeanFEMは、本州四国連絡高速道路株式会社が明石海峡大橋に対する耐震検討業務に実施。その高度な解析成果は研究論文として土木学会構造工学論文集に投稿されました。

EERC/Fiber

EERC/Fiberは、主に鋼構造物に対して、材料非線形性と幾何学的非線形性を同時に考慮した複合非線形解析、すなわち弾塑性有限変位解析を行う解析ソフトウェアです。
解析の種類としては、静的解析、固有値解析および動的解析が用意され、Pushover解析、繰り返し載荷解析、地震応答解析等が行えます。また、構造物の部材等をモデル化する要素としては、ファイバー要素および非線形シェル要素が用意されています。その他、鋼構造特有の残留応力の設定も行うことができます。
材料非線形性としては、ファイバーモデルで表現することになり、軸力変動や2軸曲げの影響を考慮することができます。幾何学的非線形性としては、線形化有限変位理論ではなく、有限変位・微小ひずみ・有限回転の有限変位理論を採用しているため、大変形問題やケーブル構造まで対応できます。

EERC/Fiberは「パソコンで解くファイバーモデルによる弾塑性有限変位解析」の添付ソフトウェアです。

お問い合わせご相談

地震工学研究開発センターへのお問合せ

電話:0985-55-0125

電話:0985-55-0125

ご相談・お問い合わせは、下記お問い合わせボタンをクリックしてください。